無声映画上映会「ロイドの要心無用」

岡谷まち歩き古本市が進化した「秋市2017」のメインイベントです。
すべての出演者を一人で演じる弁士「ハルキ」、シーンに合わせてライブでピアノを弾くのは新垣隆。
という豪華な演者をお迎えしての「無声映画」の上映会です。

(10月)6日よりいよいよチケットが発売されました。全席座席指定です。良い席はお早目にお求めください。
今回は上映作品の『ロイドの要心無用』は世界3大喜劇王ハロルド・ロイドの最高傑作に挙げられる作品であり、息も継がせず見せる手腕は“喜活劇”と高く評価されました。

====

新垣隆のピアノライブで楽しむ「ロイドの要心無用」上映会

日時:11/2(木)
開場18:30 開映19:00
会場:岡谷スカラ座
チケット:前売2500円 当日3000円

チケット購入方法:10/6(金)より前売開始
前売券取り扱い:①岡谷スカラ座【店頭・電話予約】 ②笠原書店岡谷本店【店頭のみ】
お問い合わせ:岡谷スカラ座TEL0266-22-2773

====
作品情報

■ 監督
サム・テイラー、フレッド・ニューメイヤー
■ キャスト
青年:ハロルド・ロイド
恋人:ミルドレッド・デイヴィス
友人:ビル・ストローザ―
警官:ノース・ヤング
■ ストーリー
生まれた故郷を後に憧れの都会へとやって来た青年は、あるデパートに就職する。一日も早く出世し、愛する恋人と一緒に町で暮らそうと願っているのだが、実はただのデパートの売り子。仕事では失敗ばかりでクビになる寸前の状態だった。
それでも、恋人には仕事は順調であると嘘の手紙を送る。そんな彼からの手紙を真に受けた彼女は、喜んで愛しい青年の許へとやってくるのだが、突然の訪問に驚いた青年は、実態がバレては大変と必死にその場を繕うとするのだった。そんな折、デパートの知名度を高めようと考えた支配人が「客を集めるアイディアを出した者に1000ドル払おう」と提案。
青年は壁のぼりが得意な友人にデパートのビルを登って客を集めさせようとするが、その友人が宿敵の警官に追われ、なんと自身が挑むハメになる。