笠原書店 本店

kasahara

「古本市」としては今回で11回目になります。
「『古本市』は何があるか行ってみなくちゃ、わからない」
「今回こそは、きっとあるかも」
・・・毎回こんな声を多くの皆さんからいただきます。

今年の「春市」も県内各所から古書店さんが
「掘り出し物」を担いで笠原書店に集まります。
ほぼ毎日補充もします。

〔玉虫文庫による紹介〕
大正14年創業なので、もうすぐ100年を迎える諏訪〜南信地方最大級の老舗書店「笠原書店」。一冊一冊を大切に、吟味してし仕入れられた本は、雑誌・コミックから人文書・理工書などの専門書、絵本・児童書まで幅広く10万冊の蔵書を誇ります。
 学用品から事務用品まで必要な文具はほとんど揃い、日々お世話になっている「なくてはならない地域の本屋」です。・・子どもの頃から暮らしの一部に溶け込んでいるからか、しばらく足を運んでいないと、落ち着かなくなります。

ーー

●会期中は、2Fギャラリーにて古本約1万冊を展示即売します。
また屋外特設テントでは、300円均一の古本と
中古レコード(LP)・CDの販売も行います。
レコード・CDは買い取りも致します。

ーー
第11回 岡谷まち歩き古本市
●笠原書店本店会場 4/29〜5/6
参加店/古本屋ピープル 書肆月影 
古書内山 蟻屋書房 陽炎堂

====

おかや春市特別企画
5/6(日)
「グッバイ・マイ・スイート・フレンド」(光文社文庫)発刊記念 三沢陽一トークショー
岡谷市出身の小説家・三沢陽一が、
同じく岡谷市出身の光文社文庫編集長の小口稔氏と自身2年ぶりの新刊
「」を語ります。

・時間:15:00〜
・場所:岡谷レイクウォーク 1Fレイクコート
・参加条件:観覧無料
※終了後に当日、書籍をお買い上げの方にサインをいたします。

misawa

====

塚間町2-1-15 TEL.0266-23-5070 専用P250台
http://www.kasaharashoten.jp